WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ

WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ WEBデザイナーの業務は通常、次のような流れで進んでいきます。まず最初にウェブページの作成依頼を受けたら、依頼してくるクライアントと直接会って、じっくりと話し合う打ち合わせを行います。この打ち合わせでしっかりとクライアントの仕事内容やウェブページを作成する目的、ターゲット、どんな点を重視するのか、あるいはどのような言語やイラスト、フラッシュ、色彩、タッチ、文字の大きさなどの細かな要素をどうするのかといった内容をはっきりさせて行きます。このヒアリングでいかに要望を引き出すことができるかがプロジェクトの成否に大きく影響してきます。

次に具体的な内容が決まったら、デザインの作成に移っていきます。作業を進める過程で、随時、クライアントによる確認と了承を受けるステップを挟むようにし、必ず細かなコミュニケーションを取り続けることが重要になります。これによって様々な問題発生のリスクを抑え、同時にコストの削減も行っていきます。そして、デザインの最終確認が済んだらコーディング作業に入ります。この作業は一転して単調な作業になっていくので、基本的には一定のペースで仕事を進めて行けます。最後に書き出し終えたウェブページを様々なプラウザで動作・表示チェックを行い、最終確認を経て晴れて納品となります。

PR情報

Copyright (C)2019WEBデザイナーの一般的な仕事の流れ.All rights reserved.